いさいの絵日記

解離性障害と付き合いながら絵で生計を立てる目指す絵描きのブログ

8日目、父親から提示された制約

 

こんばんわ、いさいです。

 

今日は短めの記事になります。

 

ダイアリーが届きました。

日にちも時間指定も、無視の無視。

そして、まさかの角折れ・・・

やっぱり届くまでの距離がある分、いろんな衝撃が加わりますよね。

仕方ないですよね・・・

 

ダイアリーの角が少し潰れてしまいましたが、色はとても綺麗でした。

そして、計画していたことが想定通りでニンマリ。

 

後日、全力でレビューしますので、私のロルバーンへの愛を受け止めてくれると嬉しいです。

 

さて、今日はなぜ短めなのかというと、

父親からの提示された制約を守るためです。

 

 

 

22時には寝ろ

 

f:id:ishainon:20181102223401j:image

 

ブログをスタートした日から、更新は23時を過ぎることがほとんどでしたね。

実家住まいあるあるですが、両親にとっていくら成人した子どもでも、その動向は気になるもの。

 

自室の明かりがついていること、そして壁が薄いので、作業bgmや友人との通話がリビングに聞こえること、私の部屋のすぐ横がベランダなので、そのベランダでタバコを吸う父親には、起きているのがバレバレなこと。

 

そして、今のいさいの現状は、一般社会人において非常に落ち込んでいる状態。

私がフルタイムで働けないのは、就寝時間が遅いからだと考えた父は、私に「22時にはPC・スマホの一切の使用を禁止せよ」と言い渡しました。

 

さっき言われたばかりなので、今日の更新は仕方ないですが。

 

父は私を思ってのことだと念押ししてきました。

 

なんでだよチクショーと思春期の少女ばりに反抗するでもないし、その心配してくれる気持ちは痛いほど分かるし、でも今私は、自分をより良くしようと頑張っているのに、、、と色々な思いがブワッとこみ上げてきて、俯くことしか出来ませんでした。

 

ストレス障害を抱えているとはいえ、自分はとても恵まれた環境にいることは自覚しています。

心配してくれる両親がいる、それは本当にありがたいことです。

 

結論からいうと、私は父親の制約に従います。

 

朝型になればいいんだろ、という反抗?的な気持ちもあります。

 

これからこのブログの冒頭のあいさつは、「おはようございます」で始まるようにしましょうかね。

まだブログタイトルは熟考中です。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

また明日、おやすみなさい。