いさいの絵日記

解離性障害と付き合いながら絵で生計を立てる目指す絵描きのブログ

絵を描いて生計を立てることについて、もっと考えてみた

まえがき

 

f:id:ishainon:20181027140556j:plain

 

こんばんわ、いさい@26f_isai )です。

 

昨日はあまり考えをまとめられた自信はありませんが、このブログについて改めて考えたことをまとめました。

 

ishainon.hateblo.jp

 

しかし、いつも目標やブログについて話を共有してくれる友人に、昨日のブログを見てもらったところ、話が色んな方向に転がってて読みづらいという評価をもらいました。

 

後半は、絵を描くことについてつらつらと書いておりますが、結局のところ”飲み会での愚痴”みたいなもので、「現状に不満を抱いているのにも関わらず、それを改善しようと努力していない」だけに過ぎないと気が付きました。

 

友人の助言にいろいろ頭をぐるぐるさせながら拝見したブログが、私の中の何かに火をつけたので、紹介したいと思います。

 

www.bokukoko.info 

不満をベースに、行動に移せる人になろう。そうすれば、不満が愚痴ではなく夢に変わる。 

不満に対する解決を、自分にはできないと諦めてはいけない。実際に行動を重ねるにつれて自分の理想の未来に少しずつ近づいていけば良いのだ。

 

現状の私の不満・・・お金がないこと。

不満をベースに行動する → 絵を描いて売る → 絵を描いて生計を立てるという目標に近づく

 

今日はタイトル通り、私が今考えている(もしくはやってみたい)、自分の絵をどう販売していくかということについて、まとめたいと思います。

 

※実績がないので、ただの「やりたいことリスト」になるのはご容赦ください。

 

 

 

 

依頼を受ける

 

自分のスキルを販売できるというサイトで、似顔絵制作、SNSのアイコンなどの制作といった依頼を受けて収入を得る方法。

 

メジャーなサービスだと、「ココナラ」が有名ですね。

coconala.com

 

無名な人ほど自分のサービスを安価に設定しがちなので、作品の価格破壊が生じやすいのが不安ですが、集客はしやすいというメリットがあります。

ココナラさんへの販売手数料もあるので、利益は100%にはなりません。

駆け出しの私には、ココナラは利用価値は高いと思いますが、顧客の品格もいろんなウワサがあるので怖いです。

 

ココナラで依頼を受けるとしたらどんなサービスを販売するか

今考えているのは、「あなたのお気に入りの写真を世界に一つだけの絵にする」という感じで、SSM号キャンバス(227×227mm)に油彩で制作するというもの。

価格は、・・・まだ決められない。修業が足らん。

 

これに関しては、”早く””丁寧に”、自分が”満足いく”1枚を描く技術を習得せねばなりませんので、北斗百裂拳のごとく描く!描く!描く!を繰り返してサービス化させたいですね。

 

現時点で、ココナラは集客しやすく、私の絵を見てもらえる機会が多いという点で、今後利用していきたいと考えています。

 

まだ他に知らないサービスもあると思うので、クリエイターにはこんなところで依頼を受けた方がいいよ~という、助言をくださる神さまがおりましたら、ぜひ蜘蛛の糸を垂らしていただきたいと思います。

 

 

 

BASEでオリジナル絵画を販売する

 

ここでは、依頼ではなく、「こんな絵描いたんだけど、ぜひ壁に飾ってほしいな」という絵を販売していけたらいいなという感じです。

価格についても、こちらはココナラよりは楽に決められると思うのですが、SNSなどで絵画を紹介した際にどれくらい反響があるかで決めてみたい。(憧れ)

 

minneという媒体もありますけど、個人的にあそこはハンドメイドアクセサリーやファッションアイテムの島って感じがして、住み分けがしっかりしているイメージです・・・

 

どちらにしても、知名度がなければ成立しない販売方法だと思いますので、何に置いても描いたら発信!描いたら発信!を継続したいと思います。

 

 

 

ファンアートをオークションにかける

 

これは、やっていいのか分かりませんが、ヤフオクのカテゴリーに「手描きイラスト」というものがあります。これは私が覚えている範囲で、いさいが中学生の頃から存在していたカテゴリーだと思います。

 

auctions.yahoo.co.jp

 

マンガやアニメの美少女の露出の多いイラストが、人気な絵描き手になると高額で落札されているという・・・オタクで絵心のある人間だったいさいは密かにこのジャンルに憧れを抱いていました。

 

しかし、いさいの絵柄ではこのジャンルには不向きです。

なので、ヤフオクで出品することはないと思います。

 

しかし、ONE PIECEやモンスターハンターなどへの愛を昇華したものを、それを気に入ってくださった誰のかの手に渡ってほしい。

この作品をこんなに愛しているんだよー!というのを1年前にYouTubeで描いてみた動画を制作したように、公開したい。

 

何か、こういうファンアートに関して買い手を募るサイトはないでしょうかね。

 

 

原画を売るのではなく、複製を売る

 

海外サイトなのですが、YouTubeでメイキング動画を公開しているアーティストさんの概要ページに、自分の作品を販売する手段のヒントがたくさんありましたので参考にしました。

 

www.inprnt.com

 

今はデジタルでもいろんな質感のアートを制作することができます。それを複製画としてプリントし販売するサービスですね。

 

国内でもこんなサービスを提供する会社様を見つけました。

 

プラルト ファインアート プリント | 株式会社プラルト

絵画複製 | セントラルプリントファクトリー

 

でもなんか、法人向けっぽい?

まだ詳細は確認できていませんが、原画を売ってしまって終わり、ではなく、作品をデータ化して何枚も販売できるかもしれないというのは大変惹かれました。

 

それから、絵画という形にとらわれず、絵の一部をいろんなグッズにできるサービスもありますね。

 

canvath.jp

 

小ロットからでも制作可能というのがとてもいいです。

こういう販売も仕方もあるのだな。

 

 

デザインフェスタなどのイベントに参加する

 

これは単純に憧れです。

クリエイターとして活躍している友人が今年も出展していて、Twitterで流れてきたお品書きなど私はせっせとRTしまくっています。大好きです。

他にも気になるアーティストさん、クリエイターさんが、この時期はデザフェス関連のツイートをたくさんされていて、私のタイムラインは大変輝いております。

 

ここでは販売目的はもちろんありますが、もっとたくさんのクリエイターさんと繋がること、そしてフェスにきてくれたお客様に「いさい」を知ってもらう機会と捉えています。

 

ただ憧れてるだけで終わりたくない、これは絶対参加するんだ・・・!!!!

 

 

 

まずは描かないと話にならないんだけど

 

はい。極論です。いろいろ言ってきましたけど、売るものがなければ話になりません。

描きます。

 

描きます!

 

それでは、この辺で。

また明日(・ω・)ノ